ステッカー印刷でお店を宣伝しよう

ステッカーは自分の部屋のインテリアをおしゃれにしたり、お店を開いている人であれば、ステッカーに店名を入れる事で宣伝効果を狙う事が出来ます。ステッカーを作る際は専門業者に依頼すると、自分で作るよりもこだわりのきいたステッカーに仕上げる事ができます。また、選択する素材によって仕上がりが違います。素材の種類については、印刷業者の公式サイトに一覧が載っているので、目を通しておくと良いですよ。素材だけでなくステッカーに加工を加えるだけでも仕上がりが変わるので、より仕上がりにこだわりたい人は加工の種類もチェックしておきましょう。

ステッカー素材の種類

  • アート紙ステッカー
  • カッティングステッカー
  • PVCステッカー

ステッカー印刷を業者に依頼する前にやっておきたい事

ステッカー印刷をお願いする時の業者の選び方

ステッカー印刷をする場合、専門の業者にお願いして注文をします。ステッカー印刷を業者はたくさんあるので、その中から自分に合うステッカー印刷業者を見つけるのは大変です。まずは、ステッカー印刷を依頼したい業者を絞る事が大切です。その中から、自分の希望するステッカーに仕上げてくれる業者に依頼しましょう。業者を選ぶ場合、自分がどんなステッカーにしたいかイメージを作っておく事が大切です。ステッカーの質感にこだわりたいという人は、ステッカーの素材が豊富な業者がおすすめです。素材よりも安くて早く作りたいという人は、安さと速さに強みがある業者を選びましょう。ステッカーの仕上がりがどんなものになるのか気になる人は、サンプル依頼をすると、自分の作りたいステッカーのイメージを作りやすくなります。

企業向けにおすすめのステッカー

ステッカーの中で大判ステッカーとカッティングステッカーというものがあります。この二つは、お店を経営している人や、企業向けで注文する人が多いです。どちらも壁に貼って使う事ができ、文字も大きい事が特徴です。違いを知っていると、店舗をお洒落にみせたり、店舗や会社の名前を強調する事ができますよ。大判ステッカーは、お店のロゴや会社名を目立たせたい場合に最適です。室内、屋外でも使用できますが、環境によってステッカーの持ちが変わります。カッティングステッカーは大判ステッカーよりも壁や窓に貼り付けるのに気をつけて作業をする必要があります。文字が切り出されているので、窓や入口のドアなどに貼り付けると、お店の外観をお洒落にみせることができます。

ステッカーの剥がし方

購入したステッカーを車に貼っていて剥がして他のものを貼りたい時、そのまま剥がすと粘着跡が車に残ってしまいます。また、無理やり剥がすと車に傷をつけてしまう可能性があります。貼り付けたステッカーを綺麗に剥がしたい場合は、熱湯をステッカーにかけると良いです。ですが、熱湯は冷めやすく、取り扱いに注意しないとやけどをしてしまう危険があるので、楽に貼り付けたものを剥がしたい人は、ステッカーやシールを剥がす専用の剥がし剤を利用すると、やけどの危険もなく楽に剥がす事ができます。

シール

広告募集中