フォントや色を工夫しておしゃれな名刺を作成しよう!

フォントも意識してみよう

世の中にはたくさんの文字があります。文字の書式も文字の数だけ存在します。デザイン性の高い名刺の場合、名刺デザインに合わせた文字を使う人が多いと思いますが、デザインに引きずられて読みにくいものにしてしまうと折角の名刺も相手に自分の事を紹介できません。名刺は相手に見てもらうものなので、読みやすい文字である事が重要です。名刺で多く使われているフォントはゴシック体、小塚明朝体、英語であれば、helvetica、Arialなどです。

名刺作りで避けたほうが良い事

名刺作りでデザインを考える時、シンプルに文字だけという人もいるかと思いますが、他にもレイアウトの端っこに模様を入れたり、色をつけたりする事もできます。色や模様をデザインに入れたい人は、できるだけ自分の情報が書いてある箇所に模様を入れないようにしましょう。色を付ける場合も、文字と同じ色や文字となじみやすい色は避けた方が良いです。暗い色を名刺で使う場合は、文字の色を白にすると、文字が目立ちやすくなります。

名刺作りで避けたほうが良い事

名刺作りでデザインを考える時、シンプルに文字だけという人もいるかと思いますが、他にもレイアウトの端っこに模様を入れたり、色をつけたりする事もできます。色や模様をデザインに入れたい人は、できるだけ自分の情報が書いてある箇所に模様を入れないようにしましょう。色を付ける場合も、文字と同じ色や文字となじみやすい色は避けた方が良いです。暗い色を名刺で使う場合は、文字の色を白にすると、文字が目立ちやすくなります。

広告募集中